こんにちは。 セラピストの堀田です。

初夏のような陽気だったり
雨の日が続いたりして不安定な天候です。

体調を崩していませんか?

また、もうすぐ梅雨の時期にもなりますので
毎日のストレスには気をつけてくださいね。

 

さて、 今日は「過食に感謝する」についてお話しします。

先日、こんなメールをいただきました。

ここから
——————————–
「堀田先生、こんにちは。

先生の無料の音声を聞きました。

たしかに思い当たるところ・・・ありました。

そして
自分をたくさんたくさん責め続けていたことにも気づきました。

ありがとうございます。

それで、
もうそんなことはやめたい。いや、今度こそやめるんだと思って
まず、寝る前できたこと3つ声に出すのを実践しています。

なんですが・・・
ここ最近なぜか症状がひどくなっています(;_;)。

仕事や家庭でのストレスが増えたわけではないですし
特別なこともありません。

私の頑張りが足りないのでしょうか?

何かアドバイスがあったらお願いします。」

——————————————-

実はこのようなご相談は少なくありません。

もしも、あなたが同じような思いをされていたらと思って
今日はお話しをさせていただきます。

 

では、一緒に考えていきましょう。

あなたにとって、
過食はあなたを困らせる嫌なものかもしれません。

でも過食があったおかげで、
一瞬でも悲しさや惨めさ、孤独感や孤立感や無力感などの
マイナスな気持ちを感じ無くてすんだことを忘れてはいけません。

 

ということは
過食はある意味で「あなたを助けてくれていた」のです。

でも 過食を克服するとは、その過食とお別れするということです。

 

もちろん
お別れするのは、悪いことではありません。

しかし
その別れ方が問題なのです。

 

例えば、過食を大切な人と仮定してください。

あなたの方から一方的に
「もう別れたい。理由は聞かないで。」

と言ったら、相手はどう思うでしょうか?

 

素直に、「わかったよ」と言ってくれるでしょうか?

そうだといいのですが
多くの場合は「理由ぐらい聞かせて」と言われ、
相手がある程度は納得しないと お互いにすっきりお別れできないのではないでしょうか?

 

実は過食も同じなんです。

あなたが今まで、さんざんお世話になってきたのに
あなたから一方的に別れたいといっても、
過食は「助けた恩を忘れたのか!」と怒り、
納得などしてくれないのです。

 

だから、症状を悪化させたりするわけで・・・。

だとしたら、どのように過食を納得させることができるのか???

 

それは 「過食に心から感謝する」ことです。

過食に向かって
「今まで助けてくれてありがとう。本当にありがとう。
でも、これからは自分の力で少しずつ頑張ってみたいので、 遠くから見守ってください。」

と心をこめて感謝の気持で言ってあげてください。

 

そうすれば
過食はあなたの頑張りに協力してくれるでしょう。

そして
症状もおさまってくると思います。

 

いかがですか?
意外でしたか?

過食を厄介者にしないで、感謝すること。
これをぜひ、実践してみてください。

 

そして 寝る前に今日やったことを3つ言うのも忘れずに。

 

少しずつ、そして毎日行動することで過食を克服していけます。

焦らず、諦めずゆっくり前進していきましょう。

では、また。

 

セラピスト堀田圭江子

 

 

関連記事: