こんにちは。
セラピストの堀田です。

本当に毎日嫌になる暑さです。
体調を崩していませんか?

室内にいても水分をこまめにとったり
湿度管理には気をつけてください。

夏風邪をひいてる人も多いようです。
どうぞご慈愛下さいね。

さて、
今日は「過食を治すには意識を自分に向けよう」というお話です。

過食の原因は
「小さい頃愛情が不足していたからだ」という方もいますね。。

そして
「過食をやめようとしているのに、家族がお菓子やパンや食べ物を買い置きするから
私は過食をやめられないのだ」
という方もいます。

さらに
「母親や家族がもっと理解してくれたら、過食はやめられる」という方も少なくないです。

このような状態は
「意識が外側つまり他人に向いている」状態です。

でも、
残念ながら過食の原因は外ではなく、内側にあります。

つまり自分の中にあるわけですので
意識も自分に向けないといけません。

ですので、
答えは自分が知っています。

家族や環境を変えようとするのではなく
自分に質問していく。

私は、過食しているとどんな気持ちを忘れられるの?」って。

そうです。
自分に質問したり、自分と相談することを
たくさんやっていくことが
自分に意識を向けることになります。

すぐに答えは出なくても
自分にどんどん質問してみましょう。

過食していると
食べ物のことか、自分を責めることでいっぱいいっぱいになりがちですよね。

そんな時こそ、
自分に質問して対話することもやってみて欲しいのです。
いつか必ず、何かサインを返してくれますよ。

カラダからのメッセージをちゃんと聞きましょう。

参考にしてみてくださいね。

では、今日はこの辺で。

セラピスト  堀田圭江子

追伸:今月末の北海道でのカウンセリングは満席になりました。ありがとうございました。
お約束した皆さん、北海道でお会いしましょう!

関連記事: