こんにちは。
セラピストの堀田です。
ご無沙汰していました。

本格的な寒さになりましたね。
風邪などひいていませんか?

そして今年もあとわずかとなりました。

気だけ焦りますが
私はまだ大掃除も年賀状もやっていません(汗)。

今年中に終わるのか私って感じです。

さて、
先日テレビで拒食症の女性が出演されていましたが
ご覧になりましたか?

彼女の詳しいお話は省きますが、
彼女が最後に語ったメッセージにはとても感動しました。

抜粋して紹介しますね。

「痩せれば何かよいことがあると思いこまないでください。」

「自分を信じて自分の考えから抜けられるんだと信じてください。」

「必ず間違った考えからは抜け出せる」

「自分を信じて強く生きて、素晴らしい人生を歩んでください。」

とメッセージをしていました。

何度も何度も繰り返していたことは
自分を信じる」という言葉です。

でも、言う事は簡単だけれど
実際に自分を信じるって簡単じゃないですよね。

「過食をやめよう」
「もう吐くのはやめよう」
「下剤飲むのはやめよう」

と、何度も決意するけどやっぱりできなかったり、
過食しない日があっても、また過食してしまったりすると

「もう、私は本当にダメだ。自分なんか信じられない。」って思ってしまうのではありませんか?

で、
また過食を繰り返すのが悪い連鎖です。

しかし、
今度からは
「何度くじけても、あきらめない。必ず過食から脱出できる自分になれる。」と
自分に言ってあげて欲しいのです。

悪の連鎖を破るには、批判ではなく自分への信頼しかないのです。

そのために次のことをやってみましょう。
↓ ↓ ↓
できたところ探しを行ってください。

24時間365日、過食だけをしている人はいないはずです。
よーく自分の行動を思い出してみてください。
過食以外のこともやっているはずですよ。

過食以外のことなら、どんな小さいことでもいいので
その「できたこと」を紙に書き出してみるのです。

そして、
そのできたことを読み上げてみます。

ダメな私ではなく
「これもやってる私」に気づくはずです。

「これもやってる私」は、わりとちゃんとやれてませんか?

そうです。
あなたはダメな人間なんかじゃありません!

自分を信頼するために
まず自分の評価を少しあげてみましょう

そして、自分を今より少しだけ信じてみて下さい。

力がわいてくるはずです。

くじけそうになる時、自分のことが本当に嫌になる時こそ
自分を責めないでくださいね。

「何度くじけても、あきらめない。必ず過食から脱出できる自分になれる。」
とつぶやいて下さい。

では、今日はこのへんで。
どうか、よいお年をお迎え下さい。

セラピスト   堀田圭江子

関連記事: