こんにちは。 セラピストの堀田です。

さて、いつもお話ししていますが、 過食するには必ず原因があります。

ですので過食克服には過食を起こしている原因に
向き合って その原因を解決していくことが大切。

 

今日は、その原因に気づくきっかけになるお話をしますね。

4月12日の夜、真冬に戻ったような日のこと。
私はリズに会いに行きました。 短い時間でしたが、とても有意義なひとときでした。

今回は「<からだ>に聞いて食べなさい」の新刊の講演です。

<からだ>に聞いて食べなさい

とはいえ、 リズは今世界一周旅行の真っ最中で
横浜港に寄港した際に講演したんですって。

ああ、うらやましい(笑)。。

 

さて、そんなリズですが
カラダからのメッセージを聞いて 自分の心の状態を知りましょう
他の本やセミナーでいつもお話しています。

今回の本は さらに具体的に食事の仕方や自分の食のパターンから
自分の内面をさらに知っていく方法について紹介しています。

 

リズが先日の講演で話してくれたのですが
多くの人が 「本当に自分に必要な物を必要な時に食べていない」 とのこと。

 

例えば、

● お腹がそんなに空いてないのに時間がきたから食べる
●パン屋の前を通って、いいにおいがしたから買ってしまった
● 残すともったいないから食べる
●口寂しいからついつい食べる

などなど

 

そんなに空腹でもないのに、食べることって確かにありますよね?

それで、 「まず自分の食べ方のくせを知り、そこから自分の心の状態も知る事

そして 「自分いろんな心も含めてありのままの自分を愛すること」を
おすすめしているのがこの本です。

 

今まで発刊された本よりもさらに詳しく読みやすくなっています。
ぜひ、読まれてみてください。

<からだ>に聞いて食べなさい

リズ・ブルボー (著)

私もリズのメソッドを参考に数年前から 何か食べたいなあ?と思ったら
「和食?洋食?中華?それとも?」って自分に質問するようにしています。

そして 食事以外でなんか口寂しい時なんかに食べたいなあと思ったら
1時間くらいしてからもう一度 「まだ食べたい?」って確かめるようにしています。

そのおかげで 今はカラダが何を必要としているのかがわかりますし
空腹の時に食べることができます。

 

この本の中には

●過食症からのメッセージ
●食欲過多からのメッセージ
●拒食症からのメッセージ

という項目があります。

 

医学的な見地からでなく 心の角度からとらえた話は、
思い当たるところや 発見、納得することがあるかと思います。

ぜひ、 参考にしてみてくださいね。

セラピスト  堀田圭江子

 

 

関連記事: